【正中線を消す方法】産後いつまでも消えない人は絶対読んで!

妊娠・出産

正中線とは?

妊娠してからおへその上下あたりの腹部中心部に茶色の線が出来ることがあります。それが正中線です。正中線は妊婦さんの半数以上が経験しており、病気や体の異常ではありません。

実はこの正中線は、妊娠したから新しく出来たものではありません。人間は生まれながらに正中線を持っているのです。

では、正中線とはなんなのか以下にご説明していきますね。

正中線は生まれつきみんな存在している

人間や生き物は受精卵となった後に細胞分裂を繰り返すことで体の形が作られます。その細胞分裂の際に体の中心部分から左右対称に作るための目安の線となっているのが正中線の名残です。

正中線はみんなもって生まれてきますが目で見ても分からない人がほとんどです。まれに、妊娠していなくてもよく見ると確認できる人もいるようです。

つまり正中線とは細胞分裂の名残りということです。

正中線が妊娠中に目立つ理由

今まで目立たなかったのに妊娠中に正中線が目立つようになるのはなぜなのか以下に紹介していきます。

ホルモンバランスの変化が原因

妊娠すると女性の体の中ではエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが増加します。女性ホルモンが増加することで妊娠すると乳房が膨らんだり丸みを帯びた体つきになるなど変化が起こります。

そのほかにも女性ホルモンが急激に増えることで体のホルモンバランスが崩れ、シミの原因となるメラノサイトが刺激されることが知られています。メラノサイトが刺激を受けるとシミの着色の原因となるメラニン色素が増加して正中線がシミのように黒ずんで現れるということです。

つまり、ホルモンバランスの変化によってシミができやすい状態であり、さらにお腹が膨らんで皮膚が引っ張られることで正中線が目立つようになるということです。

正中線以外にもシミや黒ずみの症状が現れる

エストロゲンやプロゲステロンの増加は、母になる為に必要不可欠なものです。

妊娠中は正中線だけでなく顔や手のシミができやすくなります。ほかにも脇や乳輪等の黒ずみも女性ホルモンの増加によってできたものです。

妊娠してから顔のシミが目立つようになって悩んでいた人もいるでしょう。これも妊娠中にメラノサイトが刺激されたことが原因かもしれません。

いつから目立つようになる?

女性は妊娠すると女性ホルモンの増加がはじまりますが、妊娠初期から正中線が目立つようになることは少ないようです。多くの人はお腹が大きくなるにつれて徐々に目立つようになります。個人差はありますが妊娠中期の安定期に入った頃からお腹の膨らみが見られ皮膚が引っ張られた状態になるため特に目立ち始めるケースが多いようです。

正中線はいつまで消えないの?

正中線は産後にホルモンバランスが整うことで次第に薄くなっていきます。しかし出産したらすぐにホルモンバランスが整うわけではありません。産後もしばらくは女性ホルモンが多い状態が続きます。特に授乳している場合には授乳期には女性ホルモンが多いので授乳が終わり生理が再開するまではホルモンバランスが崩れている状態が続きます。

そのため、一般的には産後1~2年くらいでホルモンバランスが整うと正中線が徐々に薄くなり目立たなくなると言われています。しかし、もともとメラノサイトが影響を受けやすい体質の人やメラニン色素が体内に少ない人がいるので薄くなるスピードはもっと遅い人もいれば早い人もいて個人差があります。

正中線を消す・薄くする方法

産後にいつまでも正中線が消えない場合には、ホルモンバランスが妊娠前の正常な状態に回復していないことや年齢によって肌のターンオーバーが十分に行われていないことで色素が沈着してしまうことが主な原因だと思われます。

正中線が消えない理由は分かっても、やはりお腹の正中線は目立つので消したいという気持ちになることもあるでしょう。ではホルモンバランスを回復させて正中線を少しでも薄く消すための方法にはどのようなものがあるか以下に紹介していきます。

1.規則正しい生活

正中線を消すのに一見関係ないように思われがちですが、それは大きな間違いです。ホルモンバランスの回復のために不規則な生活やストレスは、自律神経が乱れてしまうのでよくありません。

適度な休息と良質な睡眠

産後は特に生まれたばかりの赤ちゃんとの生活によって3時間おきの授乳で寝不足になりがちです。睡眠時間が少ないと自律神経の乱れから回復が遅れてしまいます。なかなかゆっくり休むことが出来ない赤ちゃんの子育てですが、お昼寝の時間に一緒に横になったり疲れがたまったときには周囲にサポートをしてもらって休息を上手に取り入れましょう。

時間がなかなかとることが出来ない場合にも短時間でも質の良い睡眠がとれるように以下の事に気を付けるとよいでしょう。

  • 寝る3時間前までに食事を済ませる
  • カフェインを控える
  • 湯船につかる
  • 寝る前にスマホやテレビを控える
  • アルコールを控える

2.ビタミンCで色素沈着を薄くする

 

正中線が黒ずんで見えるのは、メラニンによる色素沈着です。ビタミンCには、メラニンの過剰生成抑制や肌のターンオーバーを活性化し色素沈着を薄くするという効果もあります。

ターンオーバーを活性化させることで、メラニンの排出に作用し正中線の色を薄くしてくれる効果が期待できます。

ビタミンCを食べ物にも多く含まれていますが水溶性なので、摂取しても尿としてほとんどが体外に排出されていってしまいます。そのため日常的に摂取しておくことが大切です。

肌に効果的なビタミンCの摂取量

ビタミンCは少なくとも1日100mgの摂取が必要とされています。先ほどもお話した通りビタミンCは水溶性で尿として体外に排出されてしまうので摂取量に上限はなく副作用もありません。

肌への効果を期待するのであれば1日500mg以上がおすすめ。

身体の内側からも外側からもターンオーバー正常化を働きかけ、正中線をきれいにしましょう!

毎日の食事にビタミンCを意識するのが大変な人はシミ予防のあるビタミンCを含んだサプリメントなどを上手く活用するとよいでしょう。

3.黒ずみ専用のクリームを使う

肌の黒ずみに特化した専用のクリームで肌の表面から正中線の黒ずみの元であるメラニンに働きかけるのもおすすめ。厚生労働省が効果を認める数あるメラニンに効果のある美白成分の中でも「アルブチン」と「トラネキサム酸」の両方を配合したものが特に効果的です。

  1. アルブチン:メラニンの元「チロシン」を黒くする「チロシナーゼ」の発生を阻害し、メラニンの発生を防ぎます。
  2. トラネキサム酸:黒ずみの原因、メラニンを生成する「メラノサイト」抑制、また肌を正常な状態へ整えます。

メラニン生成を抑制し薄くする黒ずみ専用クリーム

肌を本来の正常な色に戻してくれる美白成分が入ったクリームの使用がおすすめです。正中線だけでなく乳輪の黒ずみなどデリケートゾーンにも使用できるものが使いやすいでしょう。

 

ケシミンやアットノンって正中線に効くの?

市販薬でシミに効果がありそうなケシミンクリームやアットノンなそシミに効きそうな市販クリームも私自身使ってみました。3人の子供がいて3回正中線が出来たので3人目の時に早く治そうと思って使った経験があります。ですが正直効果はいまいち感じることが出来ませんでした。

個人差があると思うで分かりませんが比較的安価に手に入るので使ってみてもいいかもしれません。

正中線に効果がでるまでかかる期間

正中線はもともと誰にでもあったものが妊娠によって「目立つようになった」だけですので、ケア次第では元の状態に戻すことが可能です。黒ずみの原因は、メラニン色素が、ターンオーバーで排出される量よりも多く発生してしまうことで肌に沈着してしまうことなので肌のターンオーバーのサイクルを意識することが重要です。

肌のターンオーバー周期は、個人差や年齢よって異なりますが、一般的に約28日周期で繰り返されると言われています。

そのためまずは、28日間、継続したケアをしてしていただくことをおすすめしております。

まとめ

正中線は見た目にも目立つので悩んでいるママは多いですよね。いずれ消えるものではありますが、なるべく早くなくなって欲しいのが本音でしょう。
また、なかなか正中線が消えないことに不安になったりすることもストレスがたまってよくありません。必ず薄くなるものですので体調管理やサプリメント、専用のクリームなどを使ってケアしてあげると早く消すことが出来るのでぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました