どうにかしたい!産後のお腹のブヨブヨの原因と対処法はこれだ!

妊娠・出産

出産したらお腹はすぐに戻ると思っていたらブヨブヨのままでどうにかしたい。産後のママ達はそんななやみが多いのではないでしょうか。一度伸びたお腹はすぐには戻らないのが現実です。

子育て中のママでも産後に簡単に短時間でできるトレーニングでブヨブヨお腹とおさらばしましょう。

産後のたるんだブヨブヨのお腹をどうにかしたい

出産を経験した人の多くが産後の体型の悩みを抱えています。出産するために女性の体は変化が起こっているため放っておくと中年太りのような皮下脂肪をため込んだブヨブヨお腹になってしまいます。

産後にお腹がブヨブヨにたるむのはなぜ!?

出産すればすぐに戻ると思っていたお腹がなかなか戻らない。体重は戻ってきたのにお腹周りがブヨブヨして体型が崩れてしまったという人は多いでしょう。原因は妊娠中に赤ちゃんの成長にともない、お腹が大きくなることによって腹筋が引き伸ばされてしまうからです。

また、妊娠中には運動不足になったり食べづわりによる食べすぎが原因で脂肪をため込んでしまった人はなかなか戻すのに苦労するでしょう。

産後のお腹のブヨブヨはいつまで続く?

妊娠中に引き伸ばされた腹筋はすぐには戻りません。産後、半年経っても1年経っても自然に腹筋は戻るものではありません。でもきちんと腹筋をつけるためのトレーニングをしてあげれば早い人では3ヶ月ほどですっきりと引き締まったお腹に戻すことは可能です。

まれに芸能人が産後2か月で体型を戻しているニュースなどもありますが、そこまでストイックに産後の疲労した体にムチをいれるのはおすすめしません。

産後のお腹がブヨブヨにならない人っているの?

妊娠前に体を鍛えていた人や、妊娠中に皮下脂肪の増加が少なかった人は比較的にお腹の戻りが早いでしょう。また初産の場合にも2人目、3人目の出産と比べておなかの伸びが少なく済みます。

特に出産回数が増えれば増えるほどお腹周りの脂肪は落ちにくいものです。

産後の生活の仕方でも変わってくるでしょう。特に授乳している場合には、お腹が空きやすくなり食事の量が多くなりがちです。栄養面でもバランスの良い食事をとって産後に皮下脂肪をプラスさせないことが重要です。

産後のトレーニングはいつからOK?

 

早く体型を戻したいからといって産後すぐにお腹のたるみを運動によって引き締めようとするのは禁物です! 産後すぐのお腹が大きいのは赤ちゃんがいた子宮がまだ大きいからです。産後に徐々に縮小していくので回復途中でトレーニングをすることは避けましょう。

子宮が回復するまでの期間に個人差はありますが大体6 〜8週間はかかるとされています。子宮からの出血が止まってから2週間後くらいと考えてください。

産後すぐは、体も心もできるだけ無理しないことがとても大切な時期。お腹のたるみを解消しようと焦らないことが重要です。

始めるなら早くても産後1カ月半後からにしましょう。

お腹のブヨブヨに効く!1日3分でできる簡単トレーニング

お腹周りをスッキリさせるためにトレーニングしたいと思っていても家事や育児に追われてジムに通うことなどは難しいでしょう。産後のたるんだブヨブヨお腹にはインナーマッスルを鍛えることが出来る体感トレーニングが効果的です。この記事を書いている私自身も3人の子供がいますが、3回とも産後は体感トレーニングで体型を戻すことに成功しましたのでぜひ参考にしてみてください。

フロントブリッジ

  • 両手両足を肩幅に開く
  • 肘とつま先の4点に重点を置き、肘から下で補助的に体を支える
  • 背中のラインが一直線にになるようにキープ
    正しい姿勢をキープするためにお腹とお尻に力を入れる様に意識すると正しいフォームを維持しやすくなります。

一分間この姿勢をキープします。下腹の腹筋に効果的です。

サイドプランク

 

  • 横向きになり、肘を曲げて床につく。両足は伸ばして重ねる。
  • 前腕と足でカラダを支えるようにして床から浮かせる。正面から見て頭・肩・腰・膝・かかとが一直線になるように意識。

一分間この姿勢をキープします。逆向きも同様に行いましょう。産後になくなったウエストを取り戻すのに効果的です。

ヒップリフト

  • 床に仰向けになり、両腕をまっすぐ伸ばし膝を90度に曲げ、両足の裏は床につけたままにします。
  • 足は床から離さず、息を吐きながらお尻を持ち上げます。勢いはつけず、膝からお腹が一直線になるようにしましょう。

一分間この姿勢をキープします。骨盤が開いてたるんだお尻まわりを引き締めるのに効果的です。

さいごに

産後の体型の崩れが気になってすぐにでも戻したいという気持ちは分かりますが産後6~8週はゆっくり体を休め、まずは回復のために心と体をいたわる生活をすることが大切です。まずは自身の体のために栄養と睡眠を十分にとり、心身共にできるだけ負担をかけないように過ごしましょう。

産後は赤ちゃんの生活に合わせて睡眠時間も少なくなりますので体調を維持するために休める時に休むことが大切です。

無理してすぐに戻そうと焦るのではなく体調がいいときに出来る簡単なトレーニングを継続していくことで産後の体型から元の体型に戻すようにここがけるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました